イライラ!!離婚をしたいと思った時に踏みとどまる方法

離婚の5大原因と踏みとどまる工夫

「あんなに愛していた夫が、今ではとてつもなく憎い…」と夫に対して嫌悪感を募らせ、離婚届を押し付けたくなる衝動に駆られている方はいらっしゃりますか?
しかし、今一度冷静になってください。嫌いな相手と離れられるメリットはたしかに魅力的ですが、お子様のことや経済面から見れば危機的状況に陥る可能性も孕んでいます。

そこで今回は離婚を踏みとどまるための方法をご紹介。離婚するデメリットと再構築のメリットも併せていますので、もう一度夫婦関係を見直してみましょう。


価値観、浮気&浪費癖などが離婚原因の5大要素

離婚のきっかけとなる要素はそれぞれ異なりますが、芸能人の離婚報道では価値観の不一致などが理由として挙げられているのを目にしますよね。
一般の方においても同様で、離婚理由は定番化しています。今ご紹介した価値観の不一致の他にも、

*家庭を蔑ろにする
*浮気、浪費などの悪癖
*セックスレス

も主な離婚理由に含まれています。

1.容認できないほど価値観が異なっている

人によって育った環境は違うので、価値観も異なるのは当然のことです。
しかし、夫婦間で大きな価値観の違いがあると、経済面を圧迫することもありますし、時間の使い方に影響を与えるなど結婚生活を送る上で支障をきたします。

解決策:いきなり離婚しないで別居などから試してみる

価値観が違いすぎると、考え方をすり合わせるのは無理と決め付けてしまいがちですが、一度別居をして距離を置きましょう。
自分にとって譲れないポイントでも、結婚生活の方が大切だということに気づくかもしれません。

2.家庭を蔑ろにして好き勝手に行動する

家庭は自分だけ頑張って作るものではなく、夫婦で助け合いながら作り上げていくものです。
そのため、家事や子育てに協力しない、自分の趣味を優先するなど家庭を顧みない行動は離婚の理由になります。

解決策:話し合いで思っていることを伝える

人間が思っていること、感じていることというのは残念ながら言葉にして伝えないと分かってもらえません。
しかし、思いを伝えれば行動を改めたり、考え方を変えてくれる可能性もあるので、正直な気持ちを伝える場を設けてみましょう。

3.貞操観念がなく浮気癖がある

浮気癖があって、何回注意しても懲りないのであれば別れるしかないと思ってしまうのも当然です。
浮気をされると、二度と自分に触れて欲しくないという思いからセックスレスになり、それが離婚につながるケースが見られます。


解決策:夫の浮気した理由や言い訳に耳を傾ける

浮気は許せるものでありませんが、逆に言うと浮気はしても家庭を捨てる気はないということです。
浮気の理由や言い訳を聞いて原因を改善すれば浮気癖も治るかもしれないので、一度冷静になって耳を傾けてみましょう。

4.家計を逼迫するほどの浪費癖

お酒やギャンブル、嗜好品や洋服、趣味などに多額のお金を投入する浪費癖は、家計の状態次第で生活が困窮します。
浪費は老後の経済状況にも関わる大きな問題。再構築を考えていらっしゃる方は必ず対策を練っておくことが求められます。


解決策:家族の目標を明確にする

浪費癖は家族の目標を明確にすることで治ることがあります。

【目標例】

間違った目標:「家のお金を使わない」
正しい目標:「家のローンを完済するためにお金を貯める」

前者は「お金を使わない」という目標はわかりますが、何のためにお金を使わないようにするのかわからず、目標達成への意欲が失われてしまいます。
後者は「家のローンを完済するため」という貯金の理由が明確になっているので、目標達成に向けての努力がしやすくなります。


5.結婚後のセックスレス

セックスレスはセックスの頻度が低いだけではなく、どちらかが望んでいるのに、理由もなく拒むことも該当します。
セックスは夫婦間の大事なコミュニケーションですから、それが拒まれた場合は離婚する理由になりえます。

解決策:短時間のセックスを提案してみる

セックスは、女性が思っている以上に男性の体力を消耗させます。
そのため、仕事で忙しかったり肉体的に疲れていたりすると、セックスを面倒に感じてしまうこともあるので、短時間のセックスを提案してみましょう。

家事育児両立への不安などが離婚する3つのデメリット

離婚には嫌いになってしまった相手と婚姻関係を解消するメリットがある一方、

*子どもに孤独感を持たせてしまう
*生活水準が低下する可能性
*家事と育児の両立

というデメリットも存在することを忘れてはいけません。


1.子供が孤独感を抱いてしまう可能性がある

どんな事情であっても、子供にとっては父親がいなくなるのは辛いこと。離婚は両親が揃っている当たり前の日常を子供から奪ってしまうのです。
別れてすっきりしたとしても、子供に寂しい思いをさせてしまうのは大きなデメリットです。

2.今よりも生活水準が下がりかねない

母子家庭は税金面では優遇されるものの、女性の給与水準は基本的に低いので今までよりも生活水準が下がる可能性があります。
結果的に今より切り詰めた生活をする危険性があるなら、離婚をするメリットがあるのか考え直したいところです。


3.家事と育児を両立しなくてはならない

家庭を顧みない夫でも、一緒に生活をしていれば収入面では頼れますし、病気で動けなくなった場合には助けてもらえるかもしれません。
別れてしまったら仕事も育児も自分で両立するしかなく、逃げ場がなくなることを覚えておきましょう。


離婚をしなくてよかった2つのメリット

1.経済的に安定する

男性の方が給与水準は高く、結婚生活を続けていれば経済的な安定が得られます。安定した収入があるというのは生きていく上でとても重要です。

2.専業主婦を続けることができる

専業主婦の場合、離婚をしたら仕事をしなくてはいけません。
家事も楽な仕事ではありませんが、さらに仕事をするのは想像以上の苦労を強いられます。
家計を支えるための仕事ですから、辛いからといって辞めることもできない状況は、結婚生活を続けることよりも困難かもしれません。


まとめ

自分だけでは考え方や捉え方が偏ってしまうため、誰にも相談せず離婚して後悔したという方は少なくありません。
どうしても離婚をしたいという場合は、客観的に状況を判断できるようにまわりに相談することが大事です。


関連記事