シングルマザーの再婚はどうなの?不安や悩みを徹底分析!!

シングルマザーの再婚

シングルマザーの方のなかには「子どものために生きる」という気持ちを持っている人も少なからずいます。ですがシングルマザーでも新たな伴侶を見つけることは可能です。
今回は、再婚に踏み出せないでいる方の不安や悩みを解消させ、幸せな家庭を築く秘訣を紹介します。


再婚して幸せな家庭を持つために押さえる2つのポイント

婚姻件数と離婚件数

再婚して幸せな家庭を築いていくには、子どもが小さいうちに決断するのが理想。さらに男性も結婚歴のある男性を選ぶほうがよいでしょう。

小さいうちなら子どもが精神的不安を抱えない

子どもは2歳くらいまでなら、父親の記憶はあまり残っていません。むしろその頃から付き合い始め、子どもも懐いてくれば再婚しても子どもも精神的に不安定になることも少ないでしょう。
ただ、『子どもが小さいうちに』と焦って再婚するとまた失敗することもあります。


結婚歴のある男性であれば前回の結婚の反省点を活かしてくれる

結婚歴のない男性は、結婚に対して高い理想を持っていたりします。頭ではシングルマザーとの再婚の大変さは分かっていても、実際に生活すると思っている以上に大変なことに気が付きます。
結婚歴があれば、結婚はどういうものかを知っていますし、一度結婚に失敗した経験を活かして幸せな家庭を築くよう努力するでしょう。



男性側が抱く3つの不安

当然、結婚は男女、両者の気持ちの一致が必要です。再婚する場合も、男性側の気持ちを理解しておく必要があります。


子どもが懐いてくれるのか

子ども好きでいい男性でも、子どもからすれば母親を取られた気持ちになるものです。特に思春期の女の子だと、複雑な心境でしょう。そういった不安を男性は抱えています。

実父との関係性

再婚男性が気がかりなのは、実父との関係性です。いくら子どもとの関係が良好になっても子どもにとっては実父以上の存在はいません。実父に定期的に子どもに会わせるということがあれば、男性は疎外された気持ちになってしまいます。

自分の子どもができた時に差別して構わないか

再婚相手との間に子どもができたら、自分の子どものほうを深く愛してしまうかもしれません。差別する気はなくても、そう見えてしまうこともあるので、その点も不安でしょう。

シングルマザーから再婚する前に見つめ直すべき2つのポイント

いざ再婚となる前に、過去の結婚生活を振り返っておきましょう。
そうすることで、新たな結婚生活がうまく進んでいきます。

離婚した原因を考えてみる

離婚の原因はその夫婦によっていろいろです。“100%相手が悪い”とは言い切れません。そのため、どうして離婚になってしまったのかを、冷静に考えてみましょう。『すべて相手が悪い』と思っていると、また同じ失敗を繰り返すことになりかねません。

自分のダメなところと良いところを見直してみる

これまでの結婚生活、離婚も含めて自分がダメだったところ、逆に良いところを見直してみましょう。悪いところは直すようにすればきっと再婚しても同じ失敗は繰り返さないでしょう。

幸せな家庭を築ける男性の見極め方

シングルマザーが幸せな家庭を築ける男性としてはいくつかの条件があります。

  • 自分と子どもを愛してくれるか
  • 家庭を中心に考えてくれる
  • シングルマザーとの結婚の大変さを認識している
  • 家事・育児をしっかり手伝ってくれる
  • 気持ちがいつも落ち着いている
  • ママと子どもの関係を邪魔しない
  • 結婚をせかさない

シングルマザーの再婚で一番考えなければいけないのが、子どもと再婚相手とのわだかまりです。だからといって子どものための結婚もよくありません。あくまで自分と子どもをしっかり愛してくれるのかが大事なポイントです。

子どもが再婚相手に懐いてくれるかどうか

子どもが再婚相手に懐くかどうかは大事なポイントです。『いずれ懐くだろう』という安易な考えでは失敗の原因です。仮に懐いていても再婚となれば子どもは複雑な心境になるものですから、その点はしっかり見極めましょう。

再婚しても失敗してしまう共通点は男性のタイプが原因

幸せな家庭が築ける男性の見極め方を紹介しましたが、再婚しても失敗してしまう多くのケースで共通するのが、再婚相手となる男性の選び方を間違ってしまった場合です。
ここからは、再婚が失敗に繋がる可能性がある男性の特徴を紹介します。


相手がシングルファーザー

再婚相手がシングルファーザーの場合、お互い子供を大切にしている同士ですから、うまくいくようなイメージがあります。
子どもにとっては親の再婚は精神的に不安定になります。そういった子どもが一緒に生活するのですから、喧嘩になってしまう可能性はあります。結局それが原因でまた失敗することもあります。


浮気癖、浮気で離婚した男性

相手もバツイチの場合、結婚を知っている同士今度はうまくいく可能性はあります。ですが、男性の離婚の原因が浮気である場合、また浮気してしまう可能性はあります。
シングルマザーとの再婚は、いろいろトラブルもあり、それが嫌になりまた浮気に走ることもあります。浮気で離婚した男性は避けたほうがいいでしょう。


子どもと一緒にデートすることにあまり乗り気じゃない

シングルマザーとのデートでは子どもを連れて行かなければいけないケースもあります。

そんな時に「誰かに預けてこれないの?」とか「子どもがいない時にデートしよう」という感じで言ってくる男性はやめましょう。女性のことは愛しても子どものことは愛してくれないでしょうから。


まとめ

シングルマザーの再婚は、いろいろな不安や悩みがあるものです。まず一番に考えるべきは子どものことです。子どもの年齢、気持ち、男性に懐いてくれるかなどをしっかり見極めないと、子どもが辛い思いをするだけです。
ただシングルマザーが再婚してはいけない、幸せになれないということではありません。そういった不安や悩みをしっかり解決できるような相手が見つかれば、きっと今度こそ幸せな家庭を築けるでしょうし、子どもにとってもいい影響を及ぼすこともあります。


関連記事