弁護士に相談する前に必要なこと

不倫かも

浮気や不倫はドラマの中だけではなく、残念ながら身近な問題として存在します。

もし自分のパートナーが疑わしいようなら、感情的になって問い詰めたりせずしかるべき手順を踏んで進めていくことが大切です。

とにかく冷静になること

結婚生活において、パートナーに浮気されるほど辛い事はありません。
しかし、現実的な問題としてよく耳にする話でもあります。もしパートナーに疑念を抱いたら、とにかく冷静になることです。

冷静さを失い問い詰めたり、思わず手を出してしまったりという話はありがちですが、何も解決に繋がりません。



そればかりか証拠を隠滅されてしまったり、逆に訴えられたりする恐れも十分に考えられます。気持ちを抑えて、まずは冷静になるように心がけます。

しかるべき相手へ早めの相談を

パートナーに浮気や不倫の疑念がある場合、自分ひとりで抱えこんでしまわないことが大切です。

友達や親戚など気の置けない相手に相談するのが望ましいですが、恥ずかしさから相談を切り出せない人は少なくありません。

そのため、弁護士などの専門家を頼るのが無難だと言えるでしょう。慰謝料を請求するための手順など、プロからの的確なアドバイスを得ることができます。

相談前に証拠を保全しておく

不倫の証拠

不倫に限った話でもなく、何となく怪しい行動や勘で気が付いた程度では証拠になりません。

慰謝料を請求するためには物的な証拠が必要です。弁護士に相談する前に、ある程度の証拠が揃っているほうがスムーズに進みます。

疑わしいと思った時点で、すぐに証拠集めに取り掛かることが先決です。証拠となりうる代表例として、SNSでのやり取りや写真、相手からの手紙などがあります。

SNSの場合

SNSやメールでのやり取りで性的な内容や二人で一夜を過ごした内容、もしくはそれを連想させる事実があれば強力な証拠となります。

しかし、一緒に食事をした、遊びに行った程度であれば、友達同士でもありうるため証拠としては弱いでしょう。

やり取りしている画面を別のスマホなどで撮影する、画面をプリントアウトするなどの方法で証拠を保存しましょう。相手の名前やアドレスなどを写り込ませることがベストです。

写真の場合

これも性的な内容、もしくはそれを連想させる写真であれば強い証拠となります。
例えば二人とも裸でいたり、ホテルの一室で撮ったとわかったりする写真です。SNSと同じく単に二人で食事しているだけの写真だと証拠として弱くなります。

写真は現物保持がベストですが、難しい場合はコピーでも構いません。
デジタルデータであれば何らかのデバイスに保存するのと同時に、バックアップの意味も兼ねてプリントアウトしておくと良いでしょう。

手紙の場合

前述のふたつと同様に、性的な内容、二人きりでの旅行をほのめかす、ホテルなどで一緒に一泊したなど、恋人同士でなければありえない内容だと強い証拠となります。

単なるあいさつや近況報告であれば証拠としては弱いでしょう。
相手に破棄されないように原本を保管したうえで、コピーも別にとっておけば安心です。

以上のように、いずれも確たる証拠として使えるのは、明らかに性的関係が認められるものだけです。
とは言え、ひとつひとつの証拠は弱くても、複数集めることで不倫の立証につなげることは可能です。専門家へ相談する前に、証拠は可能な限り集めることが重要です。

慰謝料についての基本知識

弁護士に相談する

お金で解決する話ではありませんが、浮気や不倫の責任として一般的なのが慰謝料の支払いです。



不倫相手とパートナーどちらにも請求が可能ですが、言い値で支払われるわけではありません。額は法的根拠に基づいて算定されます。

不倫相手を調査する

不倫相手に慰謝料を請求しようにも、どこの誰かもわからなければ請求のしようがありません。

わざわざ興信所に頼んだとしても調査が成功するとは限らない上に相談費用もかかってしまいます。そのため、できる範囲で構いませんので、自身で調べるようにしましょう。

スマホや手紙などの証拠保全を図っている段階で、相手の名前やアドレスなどが載っていないかを同時にチェックしておきます。交友関係についても、友達の情報などあれば仕入れておいて無駄にはなりません。

もしパートナーだけに慰謝料を請求する場合でも、相手の情報があったほうが説得力が増すため有利になります。

算定時に考慮されること

慰謝料の算定時にはさまざまな事情が考慮されますが、一般的には以下のような事情があげられます。

  • 不倫スタート時の夫婦関係
  • 子供の有無、年齢
  • 内容と期間
  • 発覚後の状況
  • 夫婦及び子供に与えた影響

不倫が許されない理由は、それが夫婦関係を破綻させるためです。
そのため、開始時にすでに破綻していたようなら慰謝料は少なくなります。子供がいない夫婦といる夫婦でも算定に差は出ます。内容と期間も重視されます。

一般的に、ホテルで数時間過ごすよりも旅行のほうが、期間は短いよりも長いほうが違法性の強い不倫となるため増額の要因となります。

発覚後に謝罪してそれを受け入れたとみなされると慰謝料は減額になるケースが多いです。不倫によって離婚や別居に発展すると増額につながりやすいことも知っておきましょう。

まとめ

パートナーに浮気疑惑があれば、まずは努めて冷静になることです。



浮気の証拠を保全しつつ、できるだけ早く周りあるいは専門家へ相談するようにしましょう。

関連記事