離婚したら持ち家の住宅ローンはどうしたらいいの?

離婚後の住宅ローンの2つの選択肢

最近は離婚への偏見も少なくなり、よりよい人生を歩むために離婚をする人が増えています。しかし、離婚をすることで、生活に関わる面倒な手続きがたくさんあります。
その中でもウエイトを占めるのが住宅ローンです。どちらの名義であっても、住宅ローンは相手に丸投げというわけにはいきません。
ここでは、離婚後の持ち家の住宅ローンについて、支払いや売却などの選択肢をご紹介します。

離婚後の住宅ローンは支払い続けるか売却するかの2択がある

離婚をした場合は財産分与を行いますが、ローンを支払っている最中の持ち家はそのまま支払いを続けて名義人が住み続けるというのが一般的です。
ローンというのはマイナスの財産になるため、持ち家のまま残す場合は、支払い額を2人で分け合うかどちらかが負担する形になります。

もし元夫婦がそれぞれ新しいところで生活するのであれば、売却するという方法もあります。
このときに重要なのは、住宅ローンの残高と売却の査定金額が釣り合っているかどうかです。査定金額よりも住宅ローンの残高が下回っていれば、売却利益が出るので、これを財産分与で分け合うことができます。
しかし、ローン残高が上回っていた場合は、売却をしてもローンが残ってしまうため売ることはできませんから、完済するまでは支払いを続けなくてはいけません。

住宅ローンの支払い方法を話し合う

住宅ローンの名義人が離婚後もそのまま住み続ける、というのであれば、特に銀行の手続きは必要ないので、今まで通り住宅ローンを支払っていきましょう。
しかし、現実的に多いのは、名義人は夫でも住み続けるのは妻と子供というスタイルです。この場合は、銀行に名義人変更の手続きをする必要があります。

ただし、名義人の支払い能力が認められない場合は、名義変更の許可が下りない可能性もあるので、どのように支払っていくかをしっかり話し合って決めましょう。

名義変更が難しい場合の対処法

名義変更の許可が下りない場合、3つの対処法があります。

1つは、名義を変えずに名義人以外が住み、名義人がローンを支払い続けるという方法です。
2つ目は、一度不動産を売却し、預貯金などでローンをすべて完済してから買い戻し、妻と子供が住むという方法です。
3つ目はどちらかの両親に住宅ローンの残高を一括返済してもらい、家賃を支払って住み続けるという方法です。

これらの対処法はあくまでも一例であり、各家庭の状況によって最善の対処法は異なるため、どうしても住み続けたい場合は不動産業者に相談をするのがベストです。

売却してもローンが残る場合は任意売却を活用する

家を売却してもローンを完済しきれない、という場合は、正式に自宅が財産となるわけではないため売却できません。基本的には名義人が支払いを続けることになります。
しかし、離婚をするのですからローンは負の財産となるので、ローンの名義人や負担の割合など財産分与に関して話し合わなくてはいけません。
といっても離婚をするのですから、どちらもローンを背負いたくないというのが根本にあるため、話し合いはなかなか進まないというのが実情です。

ローンが残っていても売却できる方法としては、任意売却があります。
任意売却は、ローンが残っても売却が可能なので、返済分の負担を減らせます。手続きは任意売却専門の不動産業者に依頼しましょう。

離婚相手がローンを払い続ける場合の注意点

夫が名義人の持ち家であっても、離婚後は妻と子供に家を譲るというのが一般的に多いようです。しかし、離婚後は生活が変わるので、彼女ができたり再婚をしたりするとローンの支払いが滞るということも少なくありません。

住宅ローンでは連帯保証人が必要となりますが、ほとんどの場合は妻が保証人となっているため、夫の支払いが遅れるとローンの返済を迫られることになります。これは離婚後であっても夫婦間の問題になるため、離婚しているからといって突っぱねることはできません。
ローン返済に関するトラブルはかなり多いので、安易に相手が支払ってくれるからというだけで持ち家の住宅ローンの返済方法を決めるのは止めましょう。

万が一に備えて事前にしっかり話し合っておくことが大切

当たり前ですが、持ち家を購入するときには離婚をするとは誰も思っていません。
しかし、結婚というのは一生の契約ではありませんし、どんなことがきっかけで離婚となるかも分からないのが現実です。

ネガティブな話合いをするのは気が進まないかもしれませんが、万が一に備えるのは、人生を失敗しないためのリスクヘッジです。
住宅ローンは、ほぼ一生をかけて払っていくものですから、もしものことを想定して、離婚した場合にはどうするのか、事前にきちんと話し合っておきましょう。

関連記事